臍からキノコが生えた日には

思いついた事や、気になった事を取り上げて、書き連ねます。あと、みんな大好き “ヘトポンチャス“ について綴ってます。

「白く輝くあの場所へ。」

f:id:kabiru:20170531145338j:plain

 

 

そこは、パンとチーズを持って訪ねるには、

あまりにも不適切な場所だった。

 

 

腐蝕は進み、ありとあらゆるものが朽ちていく。

 

 

叫びは届かず。

 

 

また、その声さえも瞬時として、消え果てる運命にある。

 

 

羊は、羊を。

 

 

卵から孵ったヒナは、やがてその姿を失う。

 

 

産まれ出でては、腐り、土へと還元される。

 

 

一体、なぜ生まれてきたのか。

 

 

知ろうとしても、考えに及ぶ前に

やはり、朽ちるのだろう。

 

 

命の循環。

 

 

やはり、パンとチーズを持って来るべきでは、

なかった。

 

 

今や、見分けすらつかなくなっている。

 

 

行こう。

 

 

この先の、幽門へ。